“ファッション”って何だろう?

ファッションという言葉はよく耳にするけど、そもそも”ファッション”って何だろう?
 
ファッションを検索すると最初に出てくる説明は、「流行」。
え?!ファッションって流行っていう意味だったの!!と、初めて意味を知った時ビックリしたのを覚えています。
なぜビックリしたのかというと、「ファッション=流行」という説明がしっくりこなかったから。昔は「ファッション=洋服」という風に考えていたかな。
 
もちろん「ファッション=流行」という考え方は根源なのだけど、現代においては少し違った考え方もできるのかな、と思っています。
ファッションは、もはや流行という枠を飛び越えている気がする!!
ううん、すでに飛び越えてる!!
私は高校を卒業した後、服飾学校(洋服の勉強をする学校)に通うことにしました。
(なぜ私が服飾学校に進んだかはまた今度お話ししますね)
 
学校に通う中で、ファッションが大好きな人たちにたくさん出会ってきました。
みんな自分にとっての「似合う」を追求していて、キラキラしている人ばかり!
そんな人たちに出会えて嬉しかったと同時に、ファッションは流行という言葉では表しきれないものだなと感じました。
 
 
私にとってファッションとは、自分自身を表すもの
自分自身を洋服で表現することによってコミュニケーションが生まれて、人との繋がりができる。
私は、高校生の時にこれを身をもって体験しました。
 
自分自身を表すのに人の意見は関係ない。自分が着たいものを着てこそファッション!!!
他人が理想とする自分ではなくて、自分自信を尊重すること。
 
ファッションは、あなたのコンプレックスをも力に変える存在。
 
 
だからみんなも、自分の思い思いのファッションを楽しもう♪
 

コメントを残す